『MP3プレーヤー』で英語三昧生活

◆MP3でリスニング上達しちゃおー◆MP3プレイヤーで音楽だけとゆーのは、もったいないよ◆イ~ッパイ英語を詰め込んで、いつでもどこでも Let's study ENGLISH!!◆無料で できちゃう方法教えます◆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

郵政民営化とアメリカ


昨日の日曜日は、風邪ひきだったこともあり、政治系のTVをボーッとみておりました。
いろいろな局を回遊魚の様にみていました^^ゞ

もちろん昨日のテーマは、「郵政民営化解散→衆院選挙」。

なかでも、興味があり知りたかったのは。
反対派の人の理由 そして、賛成派の人の理由です。

ほとんど、わかりません。。
どこもかしこも、「いま、こんなに混乱してます。大変ですねー」という報道姿勢のようでした。
ただ1つだけ、夕方のバンキシャの中で竹中氏と管氏の半ばフリーとなったディスカッションにおいて、竹中氏がいってた賛成派の意見。
「小さな政府を作るために、27万人の郵政職員を民間人とする」でした。

あとは、よく分かりません。
郵政法案がこれほどまでに身近になってきたのは衆議院での可決前後からだとおもうので、多くの人も僕の様に、反対理由/賛成理由を知らないと思うのですよね。

”報道”というのは、何を”報道”しても良い、自由であるけれども、「衆愚」を前提とした報道は行うべきではないと思う。
何が論点となってもめているのか、それが分からなければ国民は判断できない。
小泉総理は、国民の判断を、と言っているのだから可決すれば、郵貯はどうなっていくのか?ということを、きちっと”報道”するべきと思うのですが。

それで、立花隆が、こんな記事を書いています。

「海外メディアが伝えた小泉・郵政解散劇の評判」から抜粋

CNNのニュースの一項目にはなったが、1分はなかった。40秒程度の扱いだった(半日くらいしたら2分30秒くらいの扱いになった)。「USA TODAY」は、完全に無視して、1行も報じなかった。ロスの現地紙「Los Angeles Times」紙は、1面ではなくて、8面でニ段組の記事で報じたが、これはロスに日本人が多く住んでおり、日本人の関心が高いからだろう。しかし、その辺の一般のアメリカ人にとっては、日本の政治など全く関心がないのである。

アメリカにおいて日本の存在感が大きかったバブル時代ですら、日本の存在感は、あくまで経済大国としての存在感(ジャパンバッシングが起きていた)で、政治大国、あるいは文化大国としての存在感ではなかった。バブル崩壊以降は、「ジャパンバッシング」(日本たたき)の時代が終わって、「ジャパンパッシング」(日本通りすぎ)の時代になってしまったとよくいわれるが、新聞の紙面ひとつとってみても、日本は本当に通りすぎてしまわれるような、存在感のうすい国になってしまったのである。

もし中国の首脳が交代したら、どんなに政治力のない人間から、別の政治力のない人間への交代だとしても、これほど存在感が無視されることは絶対にない。アメリカにとってのアジア諸国の重要性のランクは絶対的に変化してしまったのである。

( 中 略 )

「Los Angeles Times」の記事にしても、あるいは、CNNの長めのニュースにしても郵政民営化の説明で強調されるのはただ一点、郵貯が世界最大の貯蓄銀行で、それが民営化されたら、350兆円におよぶ郵政マネー(簡保も含めて)を持つ世界最大の銀行が生まれるということである。アメリカの関心は(政府も民間も)郵政民営化の問題で関心があるのは、この一点だけなのである。

郵政民営化の問題で、日本のメディアで、あるいは日本の議会で展開されているようなあれこれの諸問題には誰一人関心がない。

そんなことはどうでもいいことだと思っているのだ。郵政公社が(ひいては政府が)かかえこんでいた、そのとてつもない量の資金を、早くグローバルな金融資本市場に放り出させ、一刻も早く国際金融資本家たちが互いにキバをむき出しあってその取り合いをするにまかせよということなのだ。

すでに幾つかの雑誌メディアが指摘していることだが、一般国民にはほとんど理解されていない、郵政民営化問題の最大の背景は、それが一貫してアメリカ政府が毎年、日本政府に突きつけてくる改革要求リストのトップにあるということである。

郵政民営化になぜ小泉首相があれほどこだわるのか。その原点を小泉首相の個人的な独特の政策へのこだわり(小泉首相の趣味とまでいう人がいる)に求める向きも多いが(それはある程度は当たっている)、それ以上にはるかに重要なのが、アメリカのプレッシャーである。



全文は長文です(これだけでも長文・・失礼!)。
ぜひ、ご一読ください。

 → こちら




タイトル:
 Workers Use Vacation Time to Explore New Careers
英語音声ファイル・ダウンロード:
 リスニング用ファイル(MP3形式)はこちら
MP3再生時間:
 5分38秒
翻訳サイトで英文翻訳:
 ここから翻訳サイトへ
サイト:
 VOA

英語本文:(上の英語音声と同じ内容です)

Doing the same thing day after day can make even successful professionals unhappy, prompting dreams of doing something totally different. Those who are ready to try another career can see what's like, thanks to Vocation Vacations. Instead of sitting on a beach or going to Disney World, some Americans are using their vacation time to 'test-drive' their dream job.

Linda Nardin worked for a major computer company for 2 decades… until she was laid off last year. She realized she didn't want to continue her career in the technology arena. "I decided that I very much wanted to reinvent my life, but I wasn't quite sure how to go about it," she says.

While she considered her options, Ms. Nardin contacted Vocation Vacations, for some hands-on experience in different fields. "We have a complete portfolio of well over 100 vocation vacations, and that number is growing," says Company founder Brian Kurth. He says he offers his clients a chance to spend a few days trying out a wide variety of jobs and careers - "from advertising to brew master to cheese maker to an event producer to makeup artist to wedding planner, TV producer and everything in between."

Mr. Kurth established Vocation Vacations last year. But the idea came to him several years earlier when he was stuck in rush hour traffic. "I just decided 'Gosh, what would I really rather be doing with my life?' And I started daydreaming about how I'd like to be a dog trainer and work from home, or work in the vineyards as a wine maker," he recalls. "I've never really hated my job, quite honestly, but I was really growing a little bit tired of the corporate climb and the commuting and the whole life style."

Mr. Kurth says career changers and curiosity seekers between 35 and 55 are his usual customers. Linda Nardin, who lives on the East Coast, in Connecticut, signed up for a Vocation Vacation package of 3 jobs on the West Coast, in Oregon. The first one was at a bakery. "They make everything in the very classic French way," she says. "Each morning I went in at 3:00 and worked with the pastry chef and learned how to make all the fine tasty things that people love. I spoke also with the president who told me about the business side, how the bakery was put together... something that the average person would never have access to."

Then, she drove 80 kilometers south to spend a few days as a winemaker at a vineyard. "I got to learn about blending wines," she says. "How the grape vines are planted. I worked in the lab where they check the acidic level of wines. How they design and create the bottles, the labels, corks, even the barrels. I didn't know anything about winemaking, but it was another very interesting experience."

The 3rd job Ms. Nardin tried during her 9-day vacation was a floral designer. "I worked with a phenomenal woman who owns a company," she says. "She's 77 years old, and has a large number of designers that work for her, and a fleet of drivers. I learned how to create a floral arrangement and how to pick good flowers when you go to the flower markets early in the morning."

The experience changed her perspective on work. "Because I worked for a very large business," she says, "I had a mindset that large business is the only way to go with your life, that so much can be accomplished and you have a great deal of influence, a great deal of opportunity, a great deal with creativity, which is all true. But with a small business, you can do exactly the same thing, just on a much smaller scale. The dedication that I saw of the people that I worked with in each of these business was just as deep and strong as it was in a big business."

While Linda Nardin enjoyed all 3 jobs, she doesn't plan to pursue any of them as a new career. She says she just did it for fun. But career change was Dan Chaffee's goal when he began his Vocation Vacation. The wireless industry consultant worked with a professional photographer, shooting a fashion show in Kansas City. "We started like 6:30 in the morning and went until 6:00 at night, non-stop," he says. "He said, 'hey, any question you have, ask because you can't learn unless you ask questions.' I took my camera along and shot right next to him. I watched what his assistant did, how they set up the lighting, set up the shoot, the reflectors and whole thing. I came in the next day and spent a few hours with him going through the photos he took and preparing it for the client."

Mr. Chaffee found his working vacation an encouraging and useful experience. Now, he says, he knows how a photographer runs a business… and with some more training, hopes he'll soon be ready to make this big career move and become a professional photographer.

Vocation Vacations are now available in 19 states, as well as parts of Canada and Britain. Brian Kurth says this kind of get-away is not only for people who are unhappy with their current careers. Stepping outside your profession for a few days and trying a different one, he says, can renew your enthusiasm for what you do, and bring excitement back into your work life.

--
スポンサーサイト

テーマ:英語教材 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2005/08/15(月) 13:56:41|
  2. English please ! 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<日本人の傾向と対策 | ホーム | 北極海探検>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eimei.blog1.fc2.com/tb.php/38-6c1334be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。